薄毛(いわゆるハゲのことですね)は、男性だけの悩みなんて思い込んではいないですか?近年では、薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)は男性だけの問題なのではなくて、多?ある女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)も薄毛で悩んでいるであると言われています。しかも、30代、中には二十台の若い女性の人でも、抜け毛や薄毛に悩んでいることでしょう。男性の場合、主に男性ホルモン(二次性徴を発現させますが、男性型脱毛症の要因になってしまうこともあります)のバランスが乱れてしまう事による抜け毛や発毛不足が薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)の大きな要因となっていました。けれど、女性の場合、ほとんど男性ホルモン(アンドロゲンとも呼ねれており、男性だけでなく女性も分泌しています)の影響は受けないのです。それなのに、何故薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)になってしまうのでしょう。それは、女性ならではの問題があります。例えば、ダイエット。女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)であれば、どのような方でも一度ぐらい経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)はあるでしょうが、理想的な体重にするためにムリな食事制限(食事療法ともいいますね)を行う可能性があるのです。そうすると、おのずと身体は栄養不足となり、髪にも深刻な影響を与えることだといわれています。また、ストレスも薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)の大きな原因になってしまうでしょう。女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)であれば、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)にしか理解してもらえないような悩みを抱えるケースもあるかもしれませんし、仕事でも男性とはまた畭なった困難にぶつかる可能性があるのです。でも、美しい髪をキープするためには、ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)は大敵と言って過言ではないのです。それに、出産に因る薄毛(いわゆるハゲのことですね)も、女性特有のと思います。データでは、出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)により薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)を経験した人は約半?近くもいらっしゃったそうで、このような妊娠による脱毛は、「分娩後脱毛症」と呼ばれていることでしょう。ただ、このような薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)は出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)してから半年以内に症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が発生し、授乳が終わる半年後ぐらいで自然と治まってくるなんですよー